注目キーワード
お子様のおやつに!簡単きな粉飴

みなさん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は久しぶりに、お子様のおやつレシピを紹介します。

おやつなのに栄養満点?

冬休みにもなり、お子様が毎日いると、おやつに困りませんか?
しかし、毎日お菓子をあげていては、やはり身体に良くないですよね。

だからといって、毎回おやつを作るのはとても大変!と思っている方多いのではないでしょうか?
そこで、今回はとっても簡単で美味しい!さらにお子様と一緒に楽しく作れるレシピをご紹介します。

使う食材は『きな粉』です。きな粉は、煎った大豆を粉砕したものです。
みなさんご存知の通り、大豆は身体に良さそうな食材ですね。おやつなのに、お子様の健康にも良いなんてとても嬉しいですよね。

五味 甘
五性 平
帰経 脾・肺

薬膳で大豆は、エネルギーを補い、水の巡りを良くする食材です。元気を付けたり、消化を助ける作用、またはむくみなど水分代謝を良くしてくれます。

そんなきな粉の栄養素は

◯タンパク質
◯大豆イソフラボン
◯大豆サポニン
◯レシチン
◯カルシウム
◯鉄分
◯ビタミンB1
◯ビタミンB2
◯食物繊維など

お子様にもお母さんにも、良い栄養素がたくさん入っていますね。

タンパク質やカルシウムはお子様の成長には、欠かせないものですし、食物繊維で腸内環境も整えてくれます。免疫力をあげることも出来ますね。

また、鉄分は脳の発達や免疫力、運動機能にも関わり、お子様に大切な栄養素なのです。大人よりもたくさん身体を動かす子供の方が、たくさんの鉄分が必要なのですよ。

さらに、きな粉は、離乳食の時から使える便利な食品ですので、是非取り入れてみてください。
我が家では、柔らかいご飯にきな粉をかけて食べさせていましたよ。

きな粉飴

みなさん、昔から駄菓子屋さんなどでも売っている、『きな粉棒』ご存じですか?子供なら誰でも好きなお菓子ですよね。もちろんプラントベースなおやつでもあります。

なんと、このきな粉棒がお家でも簡単に作れちゃうのです!材料も少なく簡単で、お子様と一緒に作れるので、お休みの時の楽しみにもなりますね!また、お家で作れば、材料も甘さや甘味料も選べますので、安心安全なおやつが出来ますね。

カロリーも低く、栄養価も高いのでお子様だけでなく、ママやパパのおやつにもおすすめです。

今回は、お馴染みのアガベシロップで作りましたが、ハチミツや米飴などでも風味や食感が変わり、とても美味しいですよ。
※他の甘味料(シロップ)で作る際は、シロップの硬さによって分量が変わりますので、調節しながら入れて下さい。また、アガベシロップもメーカーによって、少し硬さが異なります。混ぜた時に、手に付かないくらいがポイントです。

レシピ

材料

アガベシロップ 大さじ1
きなこ 大さじ5~6

まわりに付けるきなこ お好みの量

作り方

1.アガベシロップを先に入れ、きなこを少しずつ混ぜながら入れる。(最後は少しずつ調節する)
2.硬くなったら、手でまとめて棒状にのばす。
3.食べやすい大きさに切り、最後にお好みの量きなこをまわりに付けて完成!
4.固めが良い場合は、少し冷蔵庫で冷やしてもOK!

いかがでしたでしょうか。本当に簡単で、お子様と楽しく作れるのでおすすめです!
すぐに食べられてしまうので、まとめて多めに作り、冷蔵庫で保存しておいても良いですね。食べたいときにすぐに食べられますよ。是非お試しください!

この記事を書いた人

櫻井麻友

元漢方アドバイザーのプラントベースの子育て
登録販売士、食育アドバイザー、マクロビオテックセラピスト
〜ママに子供に環境に優しい生活を〜
便利な世の中で、たくさんの情報がある中、本当に大切なことを伝え、『食』によって人がどれだけ変わるのか、世の中がどれだけ変わるのかということを、伝えていきたいと思っております。
そして、『健康』は人にとって生涯のテーマであると思うので、たくさんの知識や楽しさを伝えていけたら嬉しいです。
また、全てが結果的に、幸せな気持ちになる為、ではないかと考えております。
そんな『幸』という気持ちを提供できる人になりたいと思っております。

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG