注目キーワード

つらい貧血にも!栄養満点の金針菜レシピ

つらい貧血にも!栄養満点の金針菜レシピ

みなさん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、白きくらげに続く、薬膳食材を使った簡単レシピを紹介します。

見ても綺麗!食べても美味しい!

『金針菜』みなさん聞いたことありますか?こちらも前回の白きくらげに続く、薬膳食材なのです。

名前だけ聞くと、どんな食材なんだろ?と思いますよね。実は、金針菜はユリ科のホンカンゾウのつぼみを、乾燥させたものなのです。見た目もお花のつぼみのような、形をしていますね。

中国では、古くから高級食材として食されており、漢方薬としても使われてきた食材です。
実は、日本でも江戸時代から栄養源として、食べられていたということが、分かっているそうですよ。

そんな金針菜は、生と乾燥のタイプがあります。
乾燥タイプは、とても手に取りやすく使い勝手も良いのでおすすめです。さらに、とても日持ちがしますので、ストックしておける点も便利ですね。今回は、おすすめの乾燥タイプの金針菜をご紹介します。

五味 甘
五性 涼
帰経 肝・脾・腎
金針菜は薬膳で、気・血・水、全ての巡りを良くし、さらに血を補う食材です。とてもバランスが良く、むくみや貧血などに効果的と言われています。エネルギーの巡りを良くするので、気分が晴れない時や、憂鬱な気分の時にも良いですね。

そんな金針菜は、もちろん栄養素もたっぷりです。

◯鉄分
◯カルシウム
◯アスパラギン酸
◯ビタミンA
◯ビタミンC
◯ビタミンB
◯カロテンなど
まず、鉄分がとても豊富であり、なんと、ほうれん草の20倍とも言われています。貧血の方はもちろん、妊婦さんや授乳中のママ、すべての女性に摂ってもらいたい食材ですね。
お子様にとっては記憶力や思考力を高める為にも、とても大切な栄養素なのですよ。

その他にも、たくさんのビタミンが含まれていますし、アミノ酸の一種のアスパラギン酸で、疲労回復にもおすすめです。
また、睡眠をコントロールする、メラトニンが含まれているので、安眠効果も期待できるのです。

金針菜の甘酢炒め

今回は、金針菜が初めての方でも食べやすい、味付けにしました。金針菜の独特の風味が、少し苦手という方も、是非試してみてください。

そして、今回一緒に使う食材は、『にんじん』です。

五味 甘
五性 平
帰経 肝・脾・肺
にんじんは、薬膳で気血を補う食材で、目の健康にもおすすめの食材です。
今回は、簡単に使えて今が旬のにんじんにしましたが、季節に合わせて、色々な野菜を入れても美味しいですよ。
また、お酢も血行を良くし、身体を温めてくれますので、これからの寒い季節には良いですね。

レシピ

材料

金針菜(乾燥タイプ)約25g
にんじん 半分
油 適量
片栗粉 小さじ1

☆調味料
醬油 大さじ1
酢 大さじ1
アガベシロップ 大さじ1

作り方

1.金針菜はお水でしっかりと戻しておく。
2.にんじんはせん切りにし、油で炒める。
3.金針菜は半分に切り一緒に炒め、調味料をいれる。
4.最後に水溶き片栗粉を入れて、炒めれば完成!

いかがでしたでしょうか。手に取りにくい薬膳食材も、思っているよりとても簡単に調理が出来ます。美味しくて、健康に良い食材、食べないなんてもったいないですよ!みなさん、是非お試しください!

この記事を書いた人

櫻井麻友

元漢方アドバイザーのプラントベースの子育て
登録販売士、食育アドバイザー、マクロビオテックセラピスト
〜ママに子供に環境に優しい生活を〜
便利な世の中で、たくさんの情報がある中、本当に大切なことを伝え、『食』によって人がどれだけ変わるのか、世の中がどれだけ変わるのかということを、伝えていきたいと思っております。
そして、『健康』は人にとって生涯のテーマであると思うので、たくさんの知識や楽しさを伝えていけたら嬉しいです。
また、全てが結果的に、幸せな気持ちになる為、ではないかと考えております。
そんな『幸』という気持ちを提供できる人になりたいと思っております。

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG