注目キーワード
おうちで簡単!自家製グラノーラ

みなさん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、お家で簡単に作れて、作り置きしておけばいつでも食べられる、便利なレシピを紹介します。

安心安全!身体に優しい!

近頃は、お店に行くと色々な種類の『グラノーラ 』を目にしますね。

朝食に食べたり、小腹が減った時に食べたり、ひとりのお昼にささっと食べたり。
すぐに食べられるグラノーラは、忙しい時にも重宝するのではないでしょうか。

しかし、家族で毎朝食べていたら、一袋買ってきてもすぐに、無くなってしまいそうですね。
それに加えて、市販のグラノーラは、添加物や白砂糖などの身体にあまり良く無い物が、含まれているものがとても多いのです。

そこで、今回は身体にも家計にも優しい、『おうちで簡単自家製グラノーラ』をご紹介します。

グラノーラが自分で作れるの?と思うかもしれませんが、とっても簡単に30分かからずに出来てしまうのですよ。
さらに、ご自分のお好みの中身や甘味料も選べて、甘さなども調節出来ますので、オリジナルのカスタマイズが楽しめます。毎回違うグラノーラを作れますので、飽きもきませんね。

主な材料は『オートミール』です。
以前、オートミールクッキーでも紹介しました。

関連記事

春休み子供と作る!簡単プラントベースクッキー!   こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている櫻井麻友です。 今回は、春休みにお子様と簡単に作れるおやつのレシピを紹介します。 健康食材が美味しいおや[…]

グルテンフリーの食材としても、人気ですね。

◯食物繊維
◯鉄分
◯カルシウム
◯ビタミンB1
◯ビタミンB2など

まずは、食物繊維がとても豊富に含まれています。なんと、玄米の約3倍、白米の約20倍の食物繊維と言われています。オートミールの食物繊維は、水溶性と不溶性の両方をバランスよく含んでいるので、腸内環境を整えるには、とてもおすすめですね。

さらに、鉄分もとても豊富で、お子様でしたら、思考力や学習能力、記憶力にも良い影響を与えてくれます。

自家製薬膳グラノーラ

今回のグラノーラは、先程も書いたように、お好みの材料を使いますが、このレシピでは『薬膳グラノーラ』を作ります。入れる具材は、薬膳食材でも有名な『なつめ』『くこ』『龍眼』それに加え、『くるみ』を使います。

五味 甘
五性 平
帰経 心・脾
気血を補う食材で、胃腸の調子も整えてくれ、イライラしやすい時落ち込みやすい時もいいですね。
エネルギーを補ってくれますので、気力を補い免疫アップにも繋がりますよ。
五味 甘
五性 平
帰経 肝・肺・腎
血を補う食材で、目の健康に効果的な食材です。眼精疲労や老化防止にもおすすめですよ。
五味 甘
五性 温
帰経 心・脾
龍眼もなつめ同様に、気血を補う食材で、胃腸にも良く、滋養強壮作用もあります。さらに、精神安定作用もあり、リラックスさせ、心身の疲れをとってくれますよ。
五味 甘
五性 温
帰経 肺・腎
くるみもまた、気血を補う食材で、アンチエイジングにもいいとされています。咳や喘息、また便秘の方にもおすすめですね。

どの食材も、とても栄養満点で身体に良いものなので、大人も子供も、みなさんにとってほしいものです。特に、全部の食材に『血』を補う作用があります。『血』(けつ)がたっぷりですと、身体の不調も改善することが多いものです。妊婦さんや産後のママ、授乳中のママにも、是非積極的に摂ってもらいたいですね。
薬膳食材でも、食べやすいグラノーラなら、癖も感じずに手軽に食べれると思います。

レシピ

材料

オートミール 2カップ
アガベシロップ 30g
オイル(お好みの)30g
玄米粉(米粉でもOK)15g

☆具材
くるみ
なつめ
くこ
龍眼 合わせて90〜100g
(お好みの配分でOK)

※なつめは、サクサクタイプの「赤いなつめ」を使用。普通のなつめでももちろんOKですが、サクサクとしていてグラノーラにとっても合います!

作り方

1.具材意外の材料は全て混ぜておく。
2.くるみだけお好みの大きさに割り、1の中にいれる。(ナッツ類は先に)
3.オーブンペーパーの上に均等に広げ、オーブンは170度に余熱し、約15分焼く。
4.焼き上がったら、最後になつめ、くこ、龍眼をお好みの大きさにちぎり、混ぜ合わせたら完成!

いかがでしたでしょうか。簡単に作れ、自分好みにカスタマイズ出来るので、お子様と一緒でも楽しく作れそうですね。色々な種類も出来ますので、飽きずに美味しく食べられそうですね!是非お試しください!

この記事を書いた人

櫻井麻友

元漢方アドバイザーのプラントベースの子育て
登録販売士、食育アドバイザー、マクロビオテックセラピスト
〜ママに子供に環境に優しい生活を〜
便利な世の中で、たくさんの情報がある中、本当に大切なことを伝え、『食』によって人がどれだけ変わるのか、世の中がどれだけ変わるのかということを、伝えていきたいと思っております。
そして、『健康』は人にとって生涯のテーマであると思うので、たくさんの知識や楽しさを伝えていけたら嬉しいです。
また、全てが結果的に、幸せな気持ちになる為、ではないかと考えております。
そんな『幸』という気持ちを提供できる人になりたいと思っております。

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG