注目キーワード

今話題!本当に大豆?な大豆ミート

今話題!本当に大豆?な大豆ミートの魅力

みなさん、こんにちは。食育アドバイザーで、プラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、最近話題の『大豆ミート』について紹介していこうと思います。

ずばり大豆ミートとは!?

今話題になっているのが、『大豆ミート』!代替え肉で注目を集めていますね。
最近では、スーパーやコンビニでも大豆ミートというワードを、目にすることが多くなりました。

宗教的な関係もあり海外では、当たり前に知っている方が多いですが、日本では認知度が少ない中、大豆ミートは注目を浴びていますね。
健康そうだから、カロリーが低くてダイエットに良さそうだから、大豆だし美容に良さそうだから。どんな理由であれ、まずは知るきっかけになることがとても大切ですね。

大豆ミートはどんなもの?

まず、大豆ミートとは?というところからですね。
『大豆ミート』とは、その名の通り大豆をお肉のように見立てて作られたものですね。
代替え肉、大豆肉、ソイミート、畑のお肉、なんて呼ばれることもありますね。

大豆ミートの作り方は、簡単に言うと大豆の油分を取り、機械などで圧力や熱を加え、乾燥させて出来ます。
そして、最近ではタイプが色々とあり、料理にも合わせて使うことが出来ますよ。
フィレ、ミンチ、ブロック、唐揚げ用など、とても使いやすいことも特徴ですね。

メーカーも様々なところから発売されていますね。そのメーカーによって、全然味わいが違いますので、色々と試してみてお好みを見つけても、いいかもしれませんね。
また、市販の加工されたハンバーグなども、たくさん出ていますが、添加物などが入っている物も多いので、よく表記を見て買うといいですね!

何がいいの?大豆ミート

そして、何故大豆ミートを食べるといいのか、ということですね。
みなさんが思うように、『健康に良い』『ヘルシー食材』『美容におすすめ』はもちろん合っています。

大豆ミートにはたくさんの栄養素が含まれています。

◯植物性タンパク質
◯食物繊維
◯カルシウム
◯鉄分
◯大豆イソフラボンなど

とても脂質が低いのに、高タンパクで人間に必要な三大栄養素を備えています。また、ビタミンとミネラルもたっぷりですので、ひとつでたくさんの栄養素を万遍なく摂ることが出来ますね。

食物繊維もとても豊富で、腸内環境に良いですし、大豆イソフラボンは、女性の美容や健康にもとてもおすすめですね。ダイエットはもちろん、生活習慣病にもとても良い食材ですね。

ほんとに低カロリーなの?

そして、気になるカロリーですが、お肉に比べてどうでしょうか。実際に見てみましょう。

お肉(鶏肉)100g約200カロリー
大豆ミート 100g約100カロリー

お肉の中でも、比較的カロリーが少ないと言われている鶏肉でさえ、大豆ミートは約半分のカロリーなのです。

やはりとてもヘルシーと言えますね。栄養たっぷりで、ヘルシー、そして美味しければ食べないという選択肢はないですね!

まだまだ知らない魅力!

さらにこんなに良いこともあります。
みなさん、想像もつかないと思いますが、お肉を大豆ミートに替えると、『環境に良い』ということをご存じでしょうか?

最近では『サスティナブルフード』とも言われているほどです。
なんと、みなさんが、少しでもお肉を減らすことで、地球温暖化も防ぐことが出来るのですよ。これは、おそらく知らない方が多いかもしれません。
環境のこと、地球の未来のことを考えて、ヴィーガン生活をしている人も多いのですよ。とても素晴らしいことですよね。
だからと言って、今すぐにお肉をゼロに!という訳ではありません。最近では世界的にも『お肉』を摂りすぎの傾向にあります。

たくさん牛を飼育することで、メタンガスが増え、温暖化の原因になります。そして、牛を飼う為には、広大な土地が必要になり森林伐採をしたり、牛の為の膨大な餌(穀物)が必要になり、その為、人に行き届くはずの水が、無くなっていることも現状です。
そして、過度のストレスを受けながら食肉の為に、一生を終える動物がたくさんいる事も現状です。安いお肉を大量に生産する為に、人間の勝手で昔とは違う飼育方法がうまれたりもしています。

みなさんも、週に1度でもミートフリーな日を作ったり、少しでもお肉を買う量を減らすことで、未来の環境に貢献出来ますよ。

簡単食べやすいレシピ

そんな大豆ミートですが、『味や匂いが苦手』『食感が苦手』などの声を聞くこともあります。また、『調理方法が分からない』『美味しく作れない』という方もいらっしゃいます。

そこで、今回は美味しく簡単に作れる大豆ミートのレシピをご紹介します。
定番ですが、『大豆ミートの唐揚げ』をご紹介します。
今回使う大豆ミートは、オーサワジャンパンの唐揚げ用大豆ミートです。

鶏のから揚げというと、火が通りにくい、焼けているか不安、など何かと面倒なことありますよね。それに比べ、大豆ミートは火が通りやすく、生焼けの心配もありません。下ごしらえも簡単にですので、お肉よりもお手軽に出来ますよ。
また、乾燥してあるので、長期ストックが出来ることもとても魅力的です。お弁当の際にも、1つや2つの少量で簡単に調理が出来、とても便利です。
うちでも娘のお弁当の定番おかずです!子供もとても好む味ですし、栄養がたっぷりで成長が著しい子供には、最高の食材ですよ!

材料

大豆ミート 8つ
片栗粉 小さじ5

☆調味料
醤油 大さじ4
みりん 大さじ4
アガベシロップ 大さじ2
水 大さじ4

※お好みで生姜やにんにくを入れてもOK!

作り方

1.大豆ミートは熱湯に付け、柔らかくなるまで置いておく。
2.戻した大豆ミートは水で洗い、水気を良く切り、☆調味料と合わせる。
3.しっかりと味が染み込むまで、漬け置きする。(約30分以上)
4.味が染み込んだら、しっかりと絞り、片栗粉を付ける。
5.少し多めの油で、揚げ焼きにする。
6.しっかりと焼き目が付いたら、完成!

【大豆ミートを美味しく食べやすくするポイント】
①熱湯でしっかり戻し、水で良く洗う!
②味をしっかりと染み込ませる!
③味が染み込んだら、しっかりと絞る!

いかがでしたでしょうか。大豆ミート食べてみたくなりましたか?
健康の為、美容の為、環境の為にも、是非お試しください!

この記事を書いた人

櫻井麻友

元漢方アドバイザーのプラントベースの子育て
登録販売士、食育アドバイザー、マクロビオテックセラピスト
〜ママに子供に環境に優しい生活を〜
便利な世の中で、たくさんの情報がある中、本当に大切なことを伝え、『食』によって人がどれだけ変わるのか、世の中がどれだけ変わるのかということを、伝えていきたいと思っております。
そして、『健康』は人にとって生涯のテーマであると思うので、たくさんの知識や楽しさを伝えていけたら嬉しいです。
また、全てが結果的に、幸せな気持ちになる為、ではないかと考えております。
そんな『幸』という気持ちを提供できる人になりたいと思っております。

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG