注目キーワード

春の肌荒れに!菜の花わさび和え

春の肌荒れに!菜の花のわさび和え

こんにちは。食育アドバイザーでプラントベース子育てをしている、櫻井麻友です。
今回は、春にとってもおすすめの、簡単レシピを紹介します!

見るだけじゃない菜の花の魅力

季節の変わり目、特に春の季節は『肌もゆらぎがち』

紫外線は増え、花粉は飛び、春はストレスも!実は、春は肌荒れの要因がたくさんあるのです。
更にマスクの毎日で、更に肌は荒れる一方ですよね。

東洋医学でも、春は『風邪』フウジャ『ストレス』が、起きやすい季節であると言われています。
風にのって花粉などのアレルゲンもやってきますし、『肝』が乱れストレスも起きやすいのです。

それらが、『春の肌荒れ』の原因と言われています。

春でもゆるがないお肌を作る為に、今回おすすめの食材は『菜の花』です。

五味 辛
五性 温
帰経 肝・脾・肺

春と言えば『菜の花』ですよね。
見てもよし!食べてもよし!の菜の花は、とても栄養も抜群なのです。

薬膳では、気や血の巡りを良くする食材で、のぼせやイライラにもよく、吹き出物などのお肌の炎症にも、良いとされています。

◯β-カロテン(ビタミンA)
◯ビタミンC
◯ビタミンB1
◯ビタミンB2
◯ビタミンE
◯ビタミンK
◯葉酸
◯カルシウム
◯鉄分など

このようにビタミンやミネラルがとても豊富ですね。

特に、ビタミンC野菜の中でもトップクラス!
ビタミンCと言えば、お肌に良い!ということは想像出来ますね。
ビタミンCは、コラーゲンを合成すると同時に、活性酸素を抑制してくれるので、肌荒れやニキビにおすすめの栄養素なのです。

またβ-カロテンは、皮膚や粘膜を健康にする栄養素です。さらに、ビタミンCを超える抗酸化作用がありますので、美肌に効果的ですね。

さらに、菜の花はビタミンB2も豊富です。よく、肌サプリメントで見かけませんか?
ビタミンB2も、皮膚や粘膜を健康にする栄養素で、肌のカサつきや、ニキビに効果的なのです。

菜の花には、こんなにもお肌に良い栄養素が、たくさん含まれているのです。

菜の花のわさび和え

今回は、肌荒れということで、大人向きの味付けにしました。
ピリっと辛くあとを引き、おつまみにも最適です。

一緒に使う『わさび』は、アレルギー症状を緩和する効果があると言われています。
更に、気鬱やストレスを軽減してくれる、と言われているそうです。

菜の花と食べると、より効果アップですね。

レシピ

材料

菜の花 8束くらい(約2袋)

☆調味料
わさび 大さじ1
マヨネーズ 大さじ3(豆乳マヨネーズを使用)
アガベシロップ 小さじ1(砂糖などお好きな甘味料でOK)

作り方

1.菜の花を茹でる。
2.茹でたら、よく水を切り適当な大きさに切る。
3.☆の調味料を混ぜておく。
4.☆と菜の花を混ぜ合わせる。
5.盛り付けて完成!

茹でて調味料と合わせるだけの、とっても簡単レシピ。
簡単なのに、お箸が止まらない美味しさです。
是非お試しください!

この記事を書いた人

櫻井麻友

元漢方アドバイザーのプラントベースの子育て
登録販売士、食育アドバイザー、マクロビオテックセラピスト
〜ママに子供に環境に優しい生活を〜
便利な世の中で、たくさんの情報がある中、本当に大切なことを伝え、『食』によって人がどれだけ変わるのか、世の中がどれだけ変わるのかということを、伝えていきたいと思っております。
そして、『健康』は人にとって生涯のテーマであると思うので、たくさんの知識や楽しさを伝えていけたら嬉しいです。
また、全てが結果的に、幸せな気持ちになる為、ではないかと考えております。
そんな『幸』という気持ちを提供できる人になりたいと思っております。

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG