注目キーワード

星よみ養生〜乙女座満月〜

星よみ養生〜乙女座満月〜

星よみをヘルスケアに生かす薬剤師の吉田奈央です。

2022年3月18日16:18に乙女座で満月を迎えます。満月が起きるのは太陽と月が向かい合っているタイミングです。

満月の星よみ養生は次の新月がくるまでの2週間くらいの期間に意識していただくと良いことをお伝えします。

3/18~4/1の乙女座満月シーズンは新しい自分にリニューアルする時期

乙女座は生活習慣、体調管理、整理整頓などを表します。12星座の中で唯一、調整するという意味があります。

今回の乙女座満月は自分自身を表す部分で起きるので、今までの自分から新しく生まれ変わるタイミングになりそうです。
でも「新しく生まれ変わる」と言っても何をしたらいいかピンと来ないことも多いですよね。そんな時は満月の反対側にある太陽が対人関係を意味する場所にあるのと、そこには水星、木星、海王星も共にあるため周りの人と楽しくお話したり、アドバイスをもらってみると良いヒントが得られそうです。

今までのパターンを打ち破ってみる

同じパターンばかり繰り返してしまうことって誰にもあると思います。そのスパイラルを思い切って断ち切る意識をちょっとしてみるだけでも新しく何かが変わっていくでしょう。気負わずすぐできる小さなことから始めてみるといいと思います。

新しく生まれ変わるには断捨離が有効です。乙女座に整理整頓の意味があるようにお家や職場の片付け、捨てるに捨てられなかった物を捨てて空間と気持ちを心機一転させるのも一つの方法です。

空間だけでなく思考の断捨離もしてみよう

家などの空間だけでなく、思考の断捨離も有効だと思います。いつもの思考のクセを紙に書いて洗い出してみるのもオススメです。なりたい自分にとって必要ではない考えのクセを客観視して手放していくと今後の展開に良い影響を与えていくでしょう。

気持ちの整理がつかない時は乙女座と関連のあるラベンダー、サイプレスのアロマオイルを取り入れてみると気持ちが徐々に落ち着いていきそうです。

乙女座の満月は健康管理を改めて意識する機会にする

天空図で東の空にある星座はアセンダントと言われ、体のケアを考える時の一つのポイントになります。今回の乙女座満月のアセンダントは偶然にも乙女座です。

乙女座は健康と関わりが深く、この満月はご自分の生活習慣や健康ケアについて考える機会にぴったりです。

腸と関係のある白い食材で体調ケア

乙女座体の部分でいうと腸にあたります。腸は第2の脳と言われるほど身体の中では重要な部分です。東洋医学では「肺」と関係があります。

大根、長ネギ、白菜、カブ、豆腐、牛乳などの白い食材

「肺」はアレルギーとの関係もあるので花粉症シーズンでもある今ケアしておくと良い場所でもあります。こちらの食材を使ったカブ、白菜をシチューに入れてみたり、湯豆腐を作ってみてはいかがでしょうか。

両手を広げて深呼吸してリフレッシュ

「肺」ということから呼吸にも焦点を当ててみましょう。(毎回言っているかもしれませんが、笑)

腕を大きく広げて深呼吸すると「肺」の気の流れである手の親指から肩のラインも刺激できるのでオススメですよ。このラインが伸びていることを意識しながら深くゆっくりと呼吸してリフレッシュしましょう。

春分の日からはコミュニケーションと学びを大事に

2022年3月21日は春分の日です。太陽が12星座の1番目の牡羊座に入る日で占星術ではこの日から新しい年がスタートすると考えられています。
春分の日のホロスコープで今年の傾向を読み取ることができます。今年の注目ポイントコミュニケーションと学びになりそうな予感です。そこにグローバルな視点や広い視野を取り入れることも大事です。
学んだことをSNSなどでアウトプットしたり、今までの世界の見方を変えていくことが求められる年になっていきそうです。

今後冥王星、天王星、海王星の星座の移動が控えているせいか世界情勢が目まぐるしく変わっている昨今ですが、今自分にできることをコツコツやって丁寧に生きていくことが求められているのかもしれません。

 

この記事を書いた人

吉田奈央

株式会社ユニクシィ取締役・薬剤師
調剤薬局、ドラッグストアで延べ10万人以上の健康相談をしてきた薬のプロフェッショナル。
キャリアの合間に渡豪しアロマテラピーを学び、占星学の研究をスタート。
ストレスから潰瘍性大腸炎になり薬が効かなかったことで薬や健康への意識が変わる。そこからヨガ、東洋医学を学び始め、漢方とヨガで体調は復活。アロマ、東洋医学を組み合わせたヨガレッスン、占星学を活用したキャリアや起業の相談を行っている。
パートナーとIT企業の共同経営もしていて、デジタルで人が健康で心豊かに生きる:ウェルビーイングを実現するプロダクトを開発中。
心身のバランスをとって健康に毎日を過ごし、大切な人たちと楽しく働くライフスタイルを発信。

>「漢方」をもっとよく知ろう!

「漢方」をもっとよく知ろう!

2000年以上前の古代中国で生まれた中医学。 それが日本に伝わり、
独自の発展を遂げた日本漢方、韓国においては韓方。
それぞれの国で伝統医学が存在しています。 歴史が長い分、
多くの理論や考え方が派生しています。

CTR IMG